メタボ撃退!運動方法

メタボ解消の理想的な方法

内臓脂肪は幸いに、落としやすい脂肪なので少し気をつければメタボ解消ができます。
メタボ解消の理想的な方法は、2つあります。

  1. 脂肪を落す(カロリーを消費する運動や食事でのカロリー制限)
  2. 筋肉をつけて基礎代謝をアップ(筋肉をつけるトレーニングや運動をする)

基礎代謝がアップすると、脂肪のつきにくい体になります。
まずは手軽なウォーキング運動やジョギング、またはスポーツクラブでの運動や筋トレなどを週に何回か始めましょう。
とにかく運動の継続が、大事なのです。
とはいえ、忙しくてジムに行っている暇がない…ジョギングするのは正直めんどくさい…という人もいるかと思います。
そういう人の為に、日常で出来るメタボ対策運動法を紹介していきたいと思います。

日常で出来る代謝を高める運動方法

  1. テレビを見ながら、腹筋をする
  2. テレビを見ながら、足上げ
  3. 歯磨きしながらかかと上げ
  4. 本を両手で挟み、頭上で腕の曲げ伸ばしをする
  5. 椅子に座って内ももに力を入れる
  6. ペットボトルに水を入れ、ダンベル代わりにする

日常で出来る有酸素運動

  1. ウォーキング
    ※ウォーキングの前後にはストレッチングを行いましょう。 ※万歩計をつけて、1万歩目標に歩くもの良い方法です。
  2. エレベーターやエスカレーターをやめて、階段を利用する
  3. 階段を利用し、上下階のトイレを利用する
  4. 通勤時バスや電車は、一駅分歩く
  5. 掃除の日数を増やす
  6. 毎日こまめに買い物にでかける

メタボ解消運動に効果的な時間帯

メタボ解消の運動に効果的な時間というのがあります。
それは、朝と夜ですが、それぞれで少し意味が違ってきます。

朝、目覚めて起きた直後はいちばん体の代謝が低いのですが、それからだんだんと交感神経の働きが活発になります。
この朝の時間帯に運動をすると、下がっていた代謝が一気に上がり、高いままの代謝で1日をずっと過ごすことができます。
つまり、食事で摂取したカロリーを効率よく燃焼でき、ダイエットの効果も出やすくなるというわけです。
だから、エネルギーの消費カロリーを増やして、脂肪を落としていきたい人には、朝の運動が適しています。
朝は、夜間に比べて約10%も多く代謝すると言われています。

また夜は、トレーニングによって筋力や基礎代謝量をアップさせる運動に向いています。
トレーニングや運動で筋肉を鍛えると、筋肉線維が傷ついたり切れたりしますが、それを修復し新たに生成することによって太い筋肉線維となっていくのです。
この筋肉の修復・生成がよく行われるのは、副交感神経が活発になる夜、あるいは睡眠中なのです。

メタボ解消に、脂肪も落として、基礎代謝も上げたいという方は、朝・夕ともに20分間以上、運動するといいでしょう。
時間がないなら、通勤で一駅分を歩くなど工夫しましょう。
でも、空腹での運動は血糖値が下がって体によくありません。
低脂肪・高タンパク質のものを少しお腹に入れてから行ないましょう。

サプリメントも一緒に

メタボ解消には、運動と並んで食事内容も大事です。また運動と一緒に取ると、カロリー消費の効率をあげるサプリメントもあるので、上手く利用すると良いかもしれません。
そして、毎日一番多く飲むお茶やドリンクを、脂肪分解を促進するといわれるプーアール茶などにするとより効果的にメタボ対策に繋がるでしょう。

グッズや運動器具でメタボ解消へ

今、大手ファッションブランドなどで、履いて歩けば痩せる下着やインナーなどが注目されています。
ワコール・ブロス・クロスウォーカーという名前の下着です。
この下着は、独特の「太ももクロス構造」で、歩くたびにお腹やお尻の筋肉に適度な緊張を与え、それがエクササイズをしているような働きとなって、メタボになったお腹をやがて引き締め、改善してくれるのです。
メタボを解消したいけれど、忙しいので運動はできないし、ダイエットや食事制限はなかなか続かないと嘆いていた男性の強い味方、新しいメタボ解消グッズのひとつです。
このワコールの痩せる下着なら、毎日、お得意先に行ったり、通勤したりという何気なく歩いている時間を、最大限に運動に変えられるという優れものです。

歩き方を変えてみる

平均すると男性は1日に約6000歩を歩いているそうです。
その6000歩をただダラダラと歩くのではなく、少し歩幅を大きくしてサッサと歩くと有酸素運動となり、メタボ対策に効果的です。
今日は、ちょっと歩くのが足りないなと思ったら、バスや電車を1駅前で降りて歩くなど、少し工夫をすると効果が現れるのも早いでしょう。